おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
クジラがとれた日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クジラがとれた日

  • 絵本
  • 児童書
作: 小島 曠太郎 えがみ ともこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年06月
ISBN: 9784591067819

小学校中学年〜
26.5cm x 22cm 42ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

もり1本でマッコウクジラをとる人たちがいる。インドネシアのラマレラ島のクジラ漁を通し、自然、いのち、ひとの関わりを伝えます。

ベストレビュー

インドネシアのクジラ漁

インドネシアのレンバタ島ラマレラ村のクジラ漁を追った写真絵本。
副題に、ラマレラ・生命の物語、とあります。
海にマッコウクジラの潮吹きを発見したところから
写真は人々の行動や表情を追います。
それは古式と変わらない漁。
それは、クジラとの約束でもあったのです。
共存の知恵、とでも言うのでしょうか。
とても厳かな儀式のようでした。
だからこそ、生命を体感できます。
浜に打ち上げられたクジラで遊ぶ子ども達は、
きっとたくさんのことを感じ取っているようです。
命をいただくことも、しっかりと見つめたいですね。
人々の営みを体感してほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。

小島 曠太郎さんのその他の作品

クジラにいどむ船 / クジラがくれた力



西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

クジラがとれた日

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット