まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
クジラがとれた日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クジラがとれた日

  • 絵本
  • 児童書
作: 小島 曠太郎 えがみ ともこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年06月
ISBN: 9784591067819

小学校中学年〜
26.5cm x 22cm 42ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

もり1本でマッコウクジラをとる人たちがいる。インドネシアのラマレラ島のクジラ漁を通し、自然、いのち、ひとの関わりを伝えます。

ベストレビュー

インドネシアのクジラ漁

インドネシアのレンバタ島ラマレラ村のクジラ漁を追った写真絵本。
副題に、ラマレラ・生命の物語、とあります。
海にマッコウクジラの潮吹きを発見したところから
写真は人々の行動や表情を追います。
それは古式と変わらない漁。
それは、クジラとの約束でもあったのです。
共存の知恵、とでも言うのでしょうか。
とても厳かな儀式のようでした。
だからこそ、生命を体感できます。
浜に打ち上げられたクジラで遊ぶ子ども達は、
きっとたくさんのことを感じ取っているようです。
命をいただくことも、しっかりと見つめたいですね。
人々の営みを体感してほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小島 曠太郎さんのその他の作品

クジラにいどむ船 / クジラがくれた力



ねえ、「コワイ」って、もってる?

クジラがとれた日

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット