だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル3

  • 絵本
著・編: 湯汲 英史
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル3 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

ISBN: 9784790272014

タトウケース:21.3×30.0×1.0cm
ドリル本体:21.0×29.7cm・36シート
手引き:21.0×29.7cm・15ページ中綴じ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

 〜発達につまずきを持つ子のために〜
まずは、子どもの取り組もうという気持ちを大切にしましょう。課題の順番に関係なく、子どもの興味や関心に合わせて、できるテーマから取り組んでください。
子どもによっては、難しい問題があります。難しくてできないときには、時間をおいて再チャレンジしてください。
3巻では、ことばの力の成長とともに、相手から「いってきます」と言われたら「いってらっしゃい」と答えなくてはいけないことが、分かってきます。自分と他者が分離する時期とも考えられています。
3巻ではおもに、その時期の課題を取り上げました。このドリルに取り組むことで、期待されている役割が分かり始め、受け答えがさらにしっかりとしてくるでしょう。
【3巻の内容】
A.ことば
物の名前:物の名前(3)、用途・抽象語:用途(2)、疑問詞:だれ、文作り:助詞(1)(2)、自他の分離:自他の分離(1)
B.文字
空間把握:上下(1)(2)
C.数
比較:大小(3)
D.社会性
思いやり:あげるーもらう(1)、生活:歯磨き、感情のコントロール力:手はおひざ

心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル3

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


湯汲 英史さんのその他の作品

バリアフリーの本(10) 「障害」ってなんだろう? / バリアフリーの本(7) 知的障害のある子といっしょに / 心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル1  / 心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル8  / 心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル7  / 心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル6



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

心理学とセラピーから生まれた 発達促進ドリル3

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット