くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
わんぱくだんのなつまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんぱくだんのなつまつり

  • 絵本
作: 上野 与志
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年6月
ISBN: 9784893252937

23×21cm 40頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

動物のお面をつけてお祭りの踊りに加わろうとした
「わんぱくだん」の3人。
ところが、そこで踊っていたのは
本物の動物たちでした。

手を引かれて踊りの輪に入った3人は、
雨乞いの儀式を手伝うことになりましたが・・・。

ベストレビュー

心が晴れやかになりあす

夏祭りのにぎやかな光景にみとれて、手にとってしまいました。
山の奥で行われている動物たちの夏祭りのようすを、食い入るように見てしまい、この本のこどもたちのように、夏祭りを存分に楽しむことができました。
動物たちのお祭りが、森の木々と神様に見守られて行われているんだなあと思うと、自然の力を感じます。そんなお祭りに参加できたわんぱくだんの子どもたちがとってもうらやましい!
夢だったのかなあという場面でふと現実にもどり、さみしい気持ちになりますが、お祭りを体験できたことで、心は晴れやかです。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さんのその他の作品

大きな大きな絵本 わんぱくだんの はしれ! いちばんぼし(チャイルド本社刊) / わんぱくだんのクリスマス / わんぱくだんのきょうりゅうたんけん / くんくんくんいいにおい / まほうのすきな王さま(チャイルド本社刊) / おおどろぼうをつかまえろ!

上野 与志さんのその他の作品

わんぱくだんのおにわのようせいたち / ぼくんちのねこまたフーじぃ / わんぱくだんのおかしなおかしや / ふたごのどんぐり / わんぱくだんのひみつきち / わんぱくだんの まほうのじゅうたん

末崎 茂樹さんのその他の作品

おーいおばけ / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / わんぱくだんのてるてるぼうず / くすのきだんちのあきまつり / ぼくのマルコは大リーガー



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

わんぱくだんのなつまつり

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット