キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おきゃくはだあれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おきゃくはだあれ

作: 神沢 利子
絵: 岩村 和朗
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥699 +税

「おきゃくはだあれ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「ともだち」は仲良くなる合言葉♪

小さい頃大好きだった『14ひきシリーズ』に、最近また凝りだした2年生の次女!我が家にある7冊は読んでしまったので、次に『7つ子シリーズ』(我が家のは3冊)を読み終え、さらに、本棚から岩村和朗(いわむらかずお)さんの絵本を選んで読んでます(笑)。

森の中に住んでる、働き者の小さなおばあさん。
話し相手は、いっしょに暮らす小さなねこしかいません。
雪の降る冬の寒い日、おいしいおかゆをたくさん作ったおばあさんが、誰かお客が来ないかな〜と思っていると・・・???

あはは。せっかく来てくれたお客に、居留守を使うおばあさんとねこがおかしいです(笑)。
確かに、唸り声をあげて、ずしんどしん大きな足音を立てるお客だから、仕方ないけど・・・。

おばあさんがドアの鍵を開ける気になったのは、「ともだち」という言葉♪
そう、体が大きくて、見た目は怖いかもしれないけれど・・・友達だったら、怖くない!
小さな小さな友達も加わって、みんなで食べるおかゆのおいしそうなこと!

これは、ぜひ、心からぽかぽかなりたい寒い冬の日に、読むのがおすすめです(笑)。
(ぼのさん 40代・ママ 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳)

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / もしも… / ひょうたんめん / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ

岩村 和朗さんのその他の作品

どろぼううでくらべ / お父さんのかさはこの子です / くっきーだあいすき / とんでいったおなべ / ぼうしぼうしぼうし / じゃんけんねこ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

おきゃくはだあれ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット