なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
しりたがりやのこぶたとうさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しりたがりやのこぶたとうさぎ

作: 小沢正
出版社: (不明) (不明)の特集ページがあります!

ベストレビュー

心の中を見透かされて

最近、私が注目している小沢正の作品です。昔話の再話も手がけていますが、オリジナル作品は、ピリ辛なものがあって、妙に惹かれています。

この作品の絵は、息子の好きな佐々木マキでもあり、息子も興味を示していました。

「きつねせんせいのなんでもそうだん」という番組で、かえるがへびに追いかけられたら角を曲がって逃げると答えていました。それを見ていたこぶたとうさぎは、実証してみたくなりました。

読んだ時、この設定に驚き少し笑いました。うさぎとぶたは、へびの町へ行きます。何度かへびに追いかけられる実験を繰り返します。繰り返しているうちに、道がわからなくなります。すると、道案内所を開設しているとかげが地図をくれました。

何でもテレビを見て実験しにくる人が多いので、案内所が作られたのだとか。

以前、情報番組でココアの効能が紹介された時に、ココアが売り切れになったという事態が起きたことを思い出しました。昭和58年発行の本ですが、この頃から、絵本の世界で、世相風刺的な話を書いていたということに驚きました。

おもしろい話なのですが、ちょっと心の中を見透かされてしまったような気もしてドキッとしました。多分、息子はそこまでは気がついて読んでいないかもしれませんが。これを読んで、ますます他の作品も読んでみたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ


小沢正さんのその他の作品

まほうのかさ / こぶたのぶうくんと しりとり / こぶたのぶうくん / アラジンとふしぎなランプ / リンカーン / へんてこパン



学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

しりたがりやのこぶたとうさぎ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット