雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
うさぎの島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎの島

  • 絵本
作: イエルク・シュタイナー
絵: イエルク・ミュラー
訳: 大島 かおり
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「うさぎの島」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年
ISBN: 9784593501847

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

工場暮らしが長かった灰色うさぎは、外の世界で花がさいたり、雨や雪が降ったりすることを、すっかり忘れていました……。自然破壊に対する怒りと悲しみをこめて描かれた、意欲的な絵本。

ベストレビュー

文明社会への警告

工場の中で、エサをとることもなく、風にふかれることもなく、なんの刺激もないありふれた毎日を送っていた、年寄りウサギ。

ある日、外から若いウサギが入ってきて、一緒に逃げるのだけれど、年寄りねずみは、久し振りの外の世界には、もう魅力を感じなくなっていた・・・

まるで、今の私達の快適な生活が、このままエスカレートしていって、このウサギのように工場くらしが当たり前になってしまうのに警告しているようだと思いました。

自然との共存共栄、私達は心にとどめておかなければいけませんね。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イエルク・シュタイナーさんのその他の作品

ふたつの島 / ぼくは くまのままで いたかったのに

大島 かおりさんのその他の作品

パパと怒り鬼ー話してごらん、だれかにー / ひつじのロッテ / 岩波少年文庫 127 モモ / ミヒャエル・エンデの本 愛蔵版 モモ / ヘンゼルとグレーテル / くまはおうじさま



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

うさぎの島

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット