マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう! マロンちゃん カレーつくってみよう!の試し読みができます!
作・絵: 西村 敏雄  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
読んでいるとお腹がグー!美味しいカレーが食べたくなる絵本です
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
たぬきのイソップ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たぬきのイソップ

作: 小沢正
絵: 佐々木 マキ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「たぬきのイソップ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年07月
ISBN: 9784591062906

小学校低学年〜
サイズ :23cm x 20cm ページ数 :64ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

山のたぬきが「イソップを考えたよ。まあ、きいてくれたまえ。」目からウロコが落ちるようなユニークな寓話。

ベストレビュー

ブラックユーモア的

たぬきが「イソップものがたり」を読んで作ったという話が3つ語られます。

「きたかぜとたいよう」「おおかみがきた」「まちのねずみといなかのねずみ」「アリとキリギリス」ぐらいしかイソップの話は思いつかないので、たぬきの話がイソップのどの話なのかはわかりませんでしたが、独立したお話としても楽しめると思います。

「こぶたとうさぎのハイキング」。ハイキングに出かけたこぶたとうさぎ。道に迷ったので地図で確かめます。平地にいるのに山の上にいると言ったり、森の中にいると言ったり、それぞれに違った憶測をするのです。私は方向音痴なので地図があっても正確な場所がわからないことがあり、結構身につまされるところありでした。

でも、この2匹の憶測は妄想という域にまで達しているようで、おおかみに食べられておおかみのお腹の中にいるとい思うに至っては笑ってしまいました。

「こぶたとばくだんこぶた」。隣に越して来たおおかみが悪者なのかを確かめるために、ばくだんこぶたを作って試そうというものです。オチには思わず笑ってしまいますが、反面怖さもあって、ブラックユーモア的でした。

「かくれすぎたうさぎ」。この話はイソップというよりグリムの「おおかみと7ひきのこやぎ」に設定が似ていると思いました。出かけることになったかあさんうさきが、7ひきのうさぎに「だれがたずねてきても 家のなかへ いれてはいけませんよ」と言います。用心深いうさぎたちは、めんどりが来てもねずみが来ても開けませんでした。

読みながら、知り合いの子どもが留守番を頼まれて誰が来ても開けてはいけないと言われたので、お兄ちゃんが帰って来ても開けなかったという話を思い出しました。この話も、言いつけを守る大切さはあるものの、行き過ぎた怖さというものを感じます。

61ページの児童書です。佐々木マキの漫画的な挿絵がよく合っています。長い話で、1日1話ずつ読もうとしたのですが、息子が次が読みたいと言うので最後まで読みました。

1976年初版の話ですが、安全性を重視するばかりに、心が不自由になっている現代人の深層を風刺しているような面もあり、ドキッとさせられました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

小沢正さんのその他の作品

まほうのかさ / こぶたのぶうくんと しりとり / こぶたのぶうくん / アラジンとふしぎなランプ / リンカーン / へんてこパン

佐々木 マキさんのその他の作品

へろへろおじさん / あおいともだち / あかいけいと / ひょっこり ひとつ / ねこ・こども / わるわるイッサイ



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

たぬきのイソップ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット