しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
カレーライスはこわいぞ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カレーライスはこわいぞ

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年11月
ISBN: 9784591010730

小学校低学年〜
サイズ :22cm x 15.5cm ページ数 :80ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アッチのへやのとなりにひっこしてきたねずみのきょうだいは、とてもいたずらっ子。きょうもアッチをなやませます。

ベストレビュー

なんて可愛いんでしょう!

息子がクラスの女の子のお薦めで図書室から借りてきました。そして、85%くらいを
自力で読み聞かせてくれたのですが、なんて可愛い話でしょう! とても微笑ましい話
でした。薦めてくれた女の子に大感謝です。

おばけのアッチは顔からしても優しすぎて怖いおばけに見られず、ねずみのチとキに馬鹿
にされ悲しくて落ち込んでいたところ、名案を思いつきました。
それは、辛いカレーを食べて怖い顔になること!
本当に毎日毎日どんどん辛くなるカレーを食べ続けて...

という話なのですが、本当に顔が変身していくのが面白いです。
そして、ものすごく辛いカレーの日のページが真っ黄色なのがすごい!
うわ〜、辛そうと笑いながら感じてしまいます。

ページ数は若干ありますが、字がとても大きいので幼年童話へ移行しようとしている
お子さん向きです。そして、話も始終一貫として間延びしたところがなくて、どんどん
面白みがましていく展開なので本当に面白いですよ。お薦めです。是非読んでみて
ください!

息子の借りてきた本はP.3〜5までが抜けていたのがとても残念でしたが(泣)...
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 靴屋のタスケさん / キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 / 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ / シンデレラ / おばけのアッチ おしろのケーキ

佐々木 洋子さんのその他の作品

おばけのコッチ わくわくとこやさん / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / おばけのソッチ、おねえちゃんになりたい! / おばけのソッチとぞびぞびキャンディー / おばけのアッチとドラキュラスープ / アッチとボンとなぞなぞコック



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

カレーライスはこわいぞ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット