ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
バナーテイル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バナーテイル

  • 絵本
作・絵: アーネスト・トムソン・シートン
訳: 今泉 吉晴
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バナーテイル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784834021967

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 168
サイズ: 21X16cm

出版社からの紹介

この物語は、平和に生きるリスとヒッコリーの木との共存を描くことを通して、動物とともに生きることがいかにたいせつかを、私たちに生き生きと伝えてくれます。

ベストレビュー

とても読みやすい全訳

子供の頃『シートン動物記』を何冊か読んだことをふと思い出し、今5歳の息子にもいずれは読んでほしいと思って、最近の訳本を探しました。

この本はシートン自身が書いた絵が挿絵に使われている全訳だそうです。解説を読んで、私が子供の頃に読んだのは日本での出版用に書かれた絵だったと初めて気づいたのですが、シートンがこんなに繊細な絵を描く人だったとはとても意外でした。

この巻はリスが主人公です。内容は母親を失ったリスが猫のお乳で育ち、森に戻って本能に従って生きるというものです。大人になって読みなおしてみて、いかに本能が生き物の生き方を決めているかに改めて気づきました。人間もそうかもしれませんね。

童心社から出ている同訳者の訳本と読み比べたのですが、こちらの方が読みやすかったです。大人が読んでも読み応えがありますが、難しい漢字にはルビがふってあり、小学校中学年くらいの子供なら読めると思いました。絶版なのが残念です。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本

アーネスト・トムソン・シートンさんのその他の作品

狼王ロボ / シートン動物記 野生のヒツジ クラッグ / 動物記 / シートン動物記 子グマのジョニー / シートン動物記(既9冊セット) / グリズリー・ジャック

今泉 吉晴さんのその他の作品

シートン動物記 サンドヒルのシカ スタッグ / シートン動物記 下町のネコ キティ / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ [図書館版] / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ / シートン動物記 大草原のウマ ペイサー / シートン動物記 カラスの シルバースポット



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

バナーテイル

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット