しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ポプラの秋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポプラの秋

  • 児童書
作: 湯本 香樹実
出版社: 新潮社

本体価格: ¥460 +税

「ポプラの秋」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年07月
ISBN: 9784101315126

文庫

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

幼い日々に綴られた、「あの世」への手紙――。世界中で読まれている『夏の庭』のYUMOTO、文庫書下ろし最新作!

夫を失ったばかりで虚ろな母と、もうじき7歳の私。二人は夏の昼下がり、ポプラの木に招き寄せられるように、あるアパートに引っ越した。不気味で近寄り難い大家のおばあさんは、ふと私に奇妙な話を持ちかけた――。18年後の秋、お葬式に向かう私の胸に、約束を守ってくれたおばあさんや隣人たちとの歳月が鮮やかに甦る。世界で高い評価を得た『夏の庭』の著者が贈る文庫書下ろし。

ベストレビュー

幼い日の思い出

湯本香樹実 さんと言えば、3冊の本が思い浮かびます。
彼女の代表作、おじいさんと少年たちの夏の庭のほかに、
この ポプラの秋 と春のオルガンです。
数年ごとに、何度か繰り返して読んできました。
そのたびに、新しい発見があるような気がします。
ポプラの秋は、主に、6歳の女の子、千秋が、日々感じることが
丁寧に描かれています。彼女のバランスを失った不安感が日々大きくなり、病気になった時、大家のおばあさんと千秋はぐんと近づきます。
それまで、千秋にとってはこわい存在でしかなかったおばあさんが
生き生きと彼女の生活にはいりこんできます。
いつのまにか一つの家族のようになってゆくちいさなアパートの住人たちの様子がほのぼのとあたたかい感じがします。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


湯本 香樹実さんのその他の作品

わたしのおじさん / おとうさんは、いま / クリスマスツリーの12か月 / おとうさんは、いま / くまとやまねこ / 魔女と森の友だち



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

ポプラの秋

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット