こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ネポス・ナポス ネポとそらいろのたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ネポス・ナポス ネポとそらいろのたまご

作: 郷司 望
絵: 城 哲也
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ネポス・ナポス ネポとそらいろのたまご」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月1日
ISBN: 9784061322639

出版社からの紹介

「キャンプ・ネポス」のマスコットキャラクター絵本、第3弾!
絵が動く!アニメカードがついています。

いつも、しかられてばかりのネポ。
お母さんの気持ちに気づくのはいつ?

ネポが、たいせつに育てた空色のたまごから、かわいいスップという花鳥が誕生しました。やんちゃなスップに、困り果てたネポは、ついに……。
母親のかわりにスップを育てたネポは、やがてお母さんの気持ちに気づきます。

※「キャンプ・ネポス」は、子ども達の心の育成を目的として、東京ディズニーリゾートのイクスピアリ内に創られた施設です。

(C)2002 Oriental Land Co.,Ltd.

ベストレビュー

親になるって大変だね・・・

主人公ネポがお話しの最後にたどり着く気持ちが「親になるって大変だね」というもの。偶然みつけたそらいろのたまごを育てて行くことでわかった気持ちです。

なかなか、わかってもらえない親の気持ちをこのお話しを通して少しでも分かってもらえるような気がします。
うちの子はまだほんの少ししか理解していない様子・・・
でも、今はきれいなそらいろのたまごから「何か生まれてくるというわくわく感」と「スップのいたずらのドキドキ感」が楽しい様子です。

また、おなじみNHKおかあさんといっしょの「チョコランタン」をデザインされた城さんのカラフルで愛らしいネポスナポスの世界は見ているだけで、ほのぼの暖かく、元気なで明るい気持ちで読める絵本です。
是非、おすすめしたいです!
(ルーニー&うるさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

ネポス・ナポス ネポとそらいろのたまご

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット