だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
星空へようこそ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星空へようこそ

  • 児童書
作: 横山充男
絵: えびな みつる
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,300 +税

「星空へようこそ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784580820357

小学校中学年以上
頁数 168ページ 版型 A5判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

幸太と淳は天文大好き少年。夏休み前に、幸太のなまいきないとこ愛梨が都会からやってきた。ふたりの少年が星空を満喫して過ごしたひと夏の物語。天文ファン必読。


夏の満天の星空の様子が伝わってくる物語です。幸太や淳たちと一緒に、空を見上げたときの感動や、天体望遠鏡を調整して、のぞき込んだときのわくわくする気持ちを感じてみてください。読み終えた後には、きっと星空をながめてみたくなりますよ。

ベストレビュー

6年生の夏休み

ちょーっと望遠鏡の性能を説明しすぎだが、そこは作者が楽しんでいることが伝わるので良しとして(笑)
いいね、小学校最後の夏休みだね。気は強くて人情家の愛梨が良い味を出している。

いいなーと思ったのが、親世代の心情が描かれていたこと。それは子供に則した子供中心の人生ではなく、子供も大事だけどちゃんと自分の人生、夫婦の生活をしている大人だったりして、13歳の子の親としてはそっちを読んでしまった。
子供へのアドバイスもいいね。望遠鏡を買ってやるでもお金や中古をやるでもなく、あくまでも自分で手に入れさせようとする大人たちが素敵。これこそが援助。
夏期講習で生活の一切合財を親に任せて一日勉強するよか、いくらも生活力になるね。

学校や家以外のこんな素敵な異年齢の場があれば素敵だなー。私も参加してみたいなー。
作者の経験だろうか、とてもリアルな観望会です。
またこの学校や家以外の場と、家庭が良い距離で繋がっているのも安心する。
真夏、娘と毎晩見た天の川を思い出しながら読んだよ。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


横山充男さんのその他の作品

自転車少年(チャリンコボーイ) / ラスト・スパート! / 夏っ飛び! / おたすけ妖怪ねこまんさ / ポプラポケット文庫 子どもの伝記13 坂本竜馬 / チェスト!がんばれ、薩摩隼人

えびな みつるさんのその他の作品

星空のかがく / 太陽のかがく / 月のかがく / すぐにさがせる!光る星座図鑑 / ほしにむすばれて / すばらしい一日



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

星空へようこそ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット