もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
クオ・ヴァディス(下)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クオ・ヴァディス(下)

  • 児童書
作: ヘンリク・シェンキェヴィチ
絵: 津田 櫓冬
訳: 吉上昭三
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月
ISBN: 9784834016789

自分で読むなら・ 小学高学年から

関連
クオ・ヴァディス(上)
ページ数: 532
サイズ: 21X17cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大火によって丸裸になった民衆の怒りをそらすために、すべてをキリスト教徒の責任にし、やがてネロの命令のもとに大虐殺が始まる。地下牢に捕らわれているリギアの運命は……。

ベストレビュー

感動の名作

暴君ネロが君臨していた古代ローマでの、初期キリスト教の布教と迫害が描かれた、世界的名作です。

現実の厳しさと、信仰を通して、正しさとは何か、幸せとは何か、愛とは何か、勝利とは何かを、いろんな登場人物の価値観を通して多角的に描かれていました。

一番感動したのは、最後の方で、聖ペテロが幻を見て、このタイトルの
「クオ・ヴァディス・ドミネ…」
(主よ、何処へ行かれたもう)
と言うシーンです。

小学校上級生から読めるように考慮されていますが、
思春期に入ってからの方がいいかもしれません。

上下巻ともものすごく分厚いので、くじけそうな方は、先にレンタルされているドラマを見ておくとわかりやすいかもしれません。
それでもやはり、ドラマには描かれない心の葛藤が本には事細かく描かれているので、最終的に本の方がお勧めです。
(ベーベさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す

ヘンリク・シェンキェヴィチさんのその他の作品

クオ・ヴァディス(上)

津田 櫓冬さんのその他の作品

カッチン / トントコトンがあいずだよ / ぼくの わたしの こんちゅうえん / ぼくの わたしの すいぞくかん / いっしょにあそぼう / とうもろこし とうもろこし



『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

クオ・ヴァディス(下)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット