宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ようちえんへいくももこちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ようちえんへいくももこちゃん

作: パトリック・イー
絵: トニー・ミトン
訳: 松川 真弓
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ようちえんへいくももこちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

異国のももこちゃん

この本のいいとこは、仕掛けプラス知育の要素が強いところです。

 「同じ形はどれかな?」
 「ももこちゃんは、何をたべているかな?」

とお勉強になります!

外国人著者なのにどうして「ももこちゃん」なのか、
個人的には最後まで違和感が拭い去れなかったけど、
娘は全く気にしてないので問題ナシ!!
(しゅうくりぃむさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パトリック・イーさんのその他の作品

ももこちゃんの おたんじょうび / さあ、およぎましょ!ペン子ちゃん / ももこちゃんはおねむです

トニー・ミトンさんのその他の作品

どうしてどうして?

松川 真弓さんのその他の作品

またまた ねえ、どれがいい? / とっても なまえの おおい ネコ / あたしのすきなもの、 なぁんだ? / ぼくたち、いちばん! / 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− / ねえ、どれがいい?



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

ようちえんへいくももこちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット