貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
うさこちゃんびじゅつかんへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさこちゃんびじゅつかんへいく

  • 絵本
作・絵: ディック・ブルーナ
訳: まつおか きょうこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784834023213

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
17X17cm・28ページ

出版社からの紹介

うさこちゃんが初めて美術館へ行くお話です。具象、抽象、立体、彫刻など、
美術の主なジャンルをとりあげて紹介する形になっており、美術館入門にはぴったりの一冊です。

ベストレビュー

子どもらしい素直な感性が素敵

うさこちゃんシリーズの中でも私自身がすきな絵本のうちの1冊です。

絵本で描かれている作品はシンプルですが、
作品を見る面白さ・楽しさなどは充分に伝わってきます。

「びじゅつかん」に初めて出かけたうさこちゃんの、子どもらしい素直な感想がいっぱい詰まったとてもかわいらしいお話です。
「わたしにだってかけ」そうな抽象画。わたしも幼い頃思ったことあるな(笑)

うさこちゃんの台詞 わたしもうおおきいよ うちの子もよく言います。年齢的にも4歳の娘にピッタリの絵本でした。
(みいここさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ディック・ブルーナさんのその他の作品

ふなのりのやん / おうさま / ブルーナの絵本 ろってちゃん / ブルーナの絵本 すぽーつのほん / どうぶつ / 子どもがはじめてであう絵本 0才から なまえ(全3冊)

まつおか きょうこさんのその他の作品

はる なつ あき ふゆ / あか き あお みどり / うたこさんの絵本セット(全3冊) / おおきくなったらなにになる? / どうしてないているの? / だれのなきごえかな?



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

うさこちゃんびじゅつかんへいく

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット