宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
パパ、おはなしして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパ、おはなしして

  • 絵本
作・絵: モイラ・ケンプ
訳: たなかまや
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784566008915

25×25cm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「パパ、おはなしして」と、ロージーがいうと、パパは、小さなおひめさまのお話をしてくれます。ある日おひめさまがお茶を楽しんでいると、そこへドラゴンがやってきて、ドラゴンのパパとママもやってきて、王子さまがかけつけて・・・・・・さて、どんなことになるのでしょうか。
 パパのお話に、女の子が質問したり、つけたしたり、お話がどんどん思わぬ方向に進んでいきます。お休みまえにピッタリのかわいい絵本。どうぞお楽しみください!

ベストレビュー

すてきなパパ

お休み前のロージーがパパにお話のおねだりをしたのでしょうか?
パパはロージーの持っているお人形やぬいぐるみの登場する、お話をしてくれます。
ロージーはだまって聞いているだけではありません。
パパに質問を投げかけます。その質問によってお話はどんどん展開しき、よんでいるこちらもどんどん引き込まれていきます。
お話の登場人物たちはおなかいっぱいになり、お風呂に入り歯磨きをしてロージーと一緒にベッドに入って眠ります。
お休み前に読むのにとてもいい絵本でした。
(月の華さん 40代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たなかまやさんのその他の作品

メルローズとクロック きょうはさいこうのたんじょうび / 心のなやみに こたえます 第2期 (全8巻) / ゆうかんなねずみくん / はじめての ゆきの ひ / メルローズとクロック きみとであったクリスマス / メルローズとクロック ともだちって いいな



>絵本エイド ―こころにひかりを―

パパ、おはなしして

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット