おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
菜の子先生はどこへ行く?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

菜の子先生はどこへ行く?

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: YUJI
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784834023510

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 256
サイズ: 21X16cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

くるくるヘアーの不思議先生、三学期の活躍。大雪の日の雪女訪問、節分には鬼との鬼ごっこ、雛人形の雛祭りパーティー、そして卒業をひかえた六年生と座敷わらしの交流……。

ベストレビュー

12人目がわかったとき。

さてさて、菜の子先生の3学期。シリーズ(たぶん)最終巻です。
第1巻の1学期が出てから5年がたっています。
今回も、「雪の女王」、「(節分の)鬼の話」(節分の鬼の話は各地にいろいろな民話があって、たくさんの絵本や児童書になっているので、題名までは書けません)、
物語ではないけれど、「ひな祭り」、そして、最後はもしかしたら萩望都の名作漫画「11人いる!」がベースになっていませんか?

どれも3学期らしい、素敵な話でしたが、個人的にはやっぱり最後の「十ニ人目のクラスメイト」がよかったです。
ふしぎ加減も、菜の子先生にびっくりするカズキも。
12人目が誰だか、菜の子先生が突き止める前から何となく気がつきましたが、
それでも、その犯人を突き止めたとき、やな気分ではなくて、
とてもいい気分になれたのはひとえに菜の子先生の魅力。
そして富安さんの文章の素晴らしさだと思います。

中学年くらいから1人読みできますので、興味がある方はぜひ!読んでみてください。
ちなみに、作者の富安さん花の子先生のイラストを書いてくれた
YUJIさんを絶賛しています。インパクトがあって、素晴らしい菜の子先生だと、私も思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

絵物語 古事記 / サラとピンキー ヒマラヤへ行く / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 妖怪一家九十九さん(6) 妖怪一家のハロウィン / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ

YUJIさんのその他の作品

日本全国不思議案内(2)菜の子ちゃんとカッパ石 / 日本全国ふしぎ案内(1) 菜の子ちゃんと龍の子 / いつもいつまでもいっしょに! ポレケのしゃかりき思春期 / ボクと子ネコと飛行船 / 菜の子先生の校外パトロール / 鍵の秘密



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

菜の子先生はどこへ行く?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット