くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
白い牛をおいかけて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白い牛をおいかけて

  • 絵本
作: トレイス・シーモア
絵: ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳: 三原 泉
出版社: ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784902257120

5才から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

このケンタッキーのどこかには、白い牛がいる。だれもつかまえられない白い牛が……。
父さんにも、マシューさんにも、おじいちゃんにも、つかまえられない牛。
きっとわたしが、つかまえてみせる!
にげだした一頭の牛をめぐる、男たちの愉快なドタバタ振りと、少女の瑞々しい語りが魅力の絵本。

●海外の書評でも絶賛!
穏やかなユーモアと絶妙な文章、そして繊細なイラストが素晴らしい絵本
 ─ ニューヨーカー誌
あれこれ思いをめぐらし、声に出して何度も読みたくなる、すぐれた物語
 ─ スクール・ライブラリー・ジャーナル誌
何度も読み返したくなるような、快い響きと魅力に溢れている
 ─ パブリッシャーズ・ウィークリー誌
ニューヨーク・タイムズ紙年間優秀児童図書/アメリカ図書館協会優秀図書

ベストレビュー

ゆったりと流れる時間

何故こんなにも惹きつけられるのか…
私はこの絵本がずっと気になっています。

逃げ出した白い牛を捕まえるために、次々にやってくる助っ人のおじさんたち。

繰り返し白い牛を評するその言葉や、白い牛に翻弄されて帰ってくる様子は
穏やかなユーモアで描かれていて、全体にゆったりした時間が心地良い。

ちょっと褪せたような色遣いの、細かく描き込まれた絵からは、
デニムの、ネコの毛の、草の実の、トウモロコシの葉の質感が伝わってきて、
昔の外国の映画を見ているようでした。

そして予想通りではなかった結末にも、繰り返し読む内に、これでいいか〜と
思ってしまうのでした。
(ねがいさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウェンディ・アンダスン・ハルパリンさんのその他の作品

わたしたちのたねまき / 三人のキューピッド / 小石通りタイムズ / 青い日記帳 / ルーシーおばさんの台所 / すもも通りの花屋さん

三原 泉さんのその他の作品

子ネコのスワン / アルバートさんと赤ちゃんアザラシ / あらいぐまのヨッチー  / 手と手をつないで / クリスマスイヴの木 / こちょこちょがいっぱい!



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

白い牛をおいかけて

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット