新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
てまわしオルガン

てまわしオルガン

  • 絵本
作・絵: よこた みのる
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「てまわしオルガン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784652040645

判型 A4判
サイズ 31×22cm
ページ数 42ページ 

関連
こびとのおくりもの

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

1985年福武書店刊の復刊。ちいさなくにの、はなののびるおうさまは、サーカス一座のてまわしオルガンが気に入ってしまいました。そこで、サーカスの一員になり、世界一大きなサーカスに出演することになっていたのですが…。

ベストレビュー

とても楽しいサーカス団

どこか遠い異国の人が書いたお話しかと思いきや、
日本人の方が書いたお話しで、ちょっとびっくりしました。

最近、オルゴールミュージアムに行ってきたので、
娘は、「てまわしオルガン」という題名に、惹かれたようです。
(実際、鳴らしてみてとても楽しかった。)

お話しは、小さい国のおうさまが、
サーカス団のてまわしオルガンの音色が気に入って、
サーカス団に入り、世界中を旅するというもの。

このおうさまの特技が、とてもめずらしい。
鼻が伸びるのです。それも、はてしなく・・・?
ちょっと、びっくりです。

その特技を生かし、芸をするおうさま。
たちまち、有名になります。
私も、こんな人がいたら、見てみたい!

実は、このおうさま、小さい頃から鼻をいじる悪い癖があったのです。
思わず、娘に、「いっしょやな〜」と言ったら、
苦笑いしていました。

賑やかな音楽にあわせて、
次から次へと素晴らしい出し物をするサーカス団。
とっても楽しそうなので、一度、家族で見に行きたいな〜
と思いました。
(多夢さん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


よこた みのるさんのその他の作品

ゆきのたまご2 はるのつかい / ゆきのたまご / シンドバッドの不思議な航海 / クークーくもにのる / こびとのおくりもの / はじめてのおでかけ



かこさとし絵本復刊記念レビューコンテスト

てまわしオルガン

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット