ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのなつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのなつ

  • 絵本
作: ローラ・インガルス・ワイルダー
絵: ルネ・グレーフ
訳: しみずなおこ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのなつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年06月
ISBN: 9784894231535

32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大きな森に夏がやってきました。ローラとメアリは外でおままごとをしたり,かあさんの仕事を手伝います。ピーターソンさんのクッキー,自家製チーズといった楽しみもあります。

ベストレビュー

シリーズ

ローラ一家の夏の過ぎし方をとても楽しく読ませてもらいました。
ピーターソンさんの家で頂いたクッキーを少しずつ大事に大事に食べてローラもメアリも半分だけ食べて残りを一つのクッキーにして妹のキャリーへのお土産にする優しさに泣けてきました。物が有り触れた現代でなく、食べ盛りの二人が自分たちよりか妹のキャリーへのお土産の方が多いことに姉妹愛に感動しました。自分たちもそうやって愛情をかけてもらっていることに気づいているのだと思いました。おとうさんが持ち帰ったお土産にも、ローラが蜜蜂の分は?と気づかいしているのにも思いやりがあって優しいし、根っから純粋に思いやりがあって素晴しい家族だと思いました。家族が協力して家事を分担して生活しているのに当たり前のことが今は出来ていないなあって思いました。今更ながら勉強を優先したきた自分に反省しました。清々しい大きな森の夏をとても新鮮に感じました!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローラ・インガルス・ワイルダーさんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / 角川つばさ文庫 大草原の小さな家 / この輝かしい日々 / 大草原の小さな町 / 農場の少年

ルネ・グレーフさんのその他の作品

絵本・大草原の小さな家 だいそうげんへのおひっこし / 絵本・大草原の小さな家 まちへいく / 絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのクリスマス / 絵本・大草原の小さな家 おじいちゃんのいえのダンスパーティー / 絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのふゆ

しみずなおこさんのその他の作品

しあわせコインとあつあつココア / ローバー



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのなつ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット