ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
大型絵本 ながいながい旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大型絵本 ながいながい旅

作: イロン・ヴィークランド
絵: ローセ・ラーゲルクランツ
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「大型絵本 ながいながい旅 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784001112092

A4判変型・上製・48頁

出版社からの紹介

リンドグレーンとの名コンビで知られる画家ヴィークランドは,子どもの時にエストニアからスウェーデンへ亡命した.戦争の荒波にもまれる幼い少女の涙と希望の日々を描いた自伝的作品.

ベストレビュー

流れ流れても生きていく。

この絵本の表紙を見て、「どこか懐かしい」気持ちになった方!
そういう方は、私と同じ「アリステッド・リンドグレーン」の作品が好きだった方だと思います。
この作品は、アリステッド・リンドグレーンのおはなしに数多く挿絵を描いてきたイロン・ヴィークラントという方の幼少時代を描いたもので、今回のこの絵本では自らイラストも担当しています。

大陸続きである土地では、色々な政治・経済的な理由で戦渦に巻込まれたり、自分の故郷を追われ苦しい生活をさせられることがあります。
これはバルト3国と呼ばれる肥沃な土地・エストニアに生まれ、子どもの頃から流れ流れて生きていかなければならなかったイロン・ヴィークラントさんのお話ですが、
なんと、この絵本の文章を書いてくれたローセ・ラーゲルクランツさんもナチスに追われスェーデンに亡命してきた経緯のある作家さんだそうです。

島国の私たち日本人にはピンとこない出来事ですが、こういう作品に触れることで、子どもたちが世界にはいろいろな人たちがいることに少しでも気づいてくれたらいいなぁと思いました。

お話自体はつらく悲しい出来事ですが、小さなイロンが常に前向きで頑張っているので、応援しながら読みました。
子どもたちにはブックトークなどで紹介できたらいいなと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イロン・ヴィークランドさんのその他の作品

わたしもがっこうにいきたいな / ぼくもおにいちゃんになりたいな / 聖なる夜 / やかまし村のクリスマス / 雪の森のリサベット / ぼくのブッベはどこ

ローセ・ラーゲルクランツさんのその他の作品

あたしって、しあわせ!

石井 登志子さんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / 暴力は絶対だめ! / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡 / 雪のおしろへいったウッレ / 岩波少年文庫 エーミルの大すきな友だち



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

大型絵本 ながいながい旅

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット