あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
こうまのウーラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こうまのウーラ

作・絵: とづかかよこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「こうまのウーラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784032322705

3・4歳から
25cm×19cm
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こうまのウーラとぬいぐるみのサリーは、いつもいっしょ。歯医者さんもサリーがいれば平気。でもある日サリーが水たまりにおちてしまいます。

ベストレビュー

絵がいい^^

絵が素敵!!
見ていてすごく楽しかったです!!
切り絵に貼り絵、紙だけではなく布やビーズも使ってあり独特の世界になっています。
一つ一つ細かくて眺めているだけ十分楽しめました。
小物がかわいいの^^

ぬいぐるみのサリーのお姉ちゃんなのってサリーの気持ちまで想像し、一緒に遊んだり、一緒におでかけをしたり・・・
この絵本のように、想像世界と現実世界を一緒にして遊べるが女の子なんですよね!
娘も人形相手にお話してます。
きっと私には見えない世界が娘にはあるんだろうなと思いながら眺めてます。

でも・・・度が過ぎるとイタイ子ですよね・・・。
水溜りに落ちたサリーに「バカー!なんで手を離しちゃったのー!」って言う(思う?)場面ではちょっとひいてしまいました^^;
もう一つ。
自分の事を「ウーラ」って名前で言っちゃうところもあまり好きじゃないかな・・・。
(辛口ごめんなさい・・・)
娘は全然気にせず楽しんでいました。

お話よりも絵の方が楽しめました♪
何度眺めても楽しいです。
(Yuayaさん 20代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とづかかよこさんのその他の作品

すうちゃんのカッパ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

こうまのウーラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット