ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
きつねのスーパーマーケット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねのスーパーマーケット

作: 小沢正
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「きつねのスーパーマーケット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年12月
ISBN: 9784323004105

低学年
78ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みちこはおかあさんとスーパーマーケットに行きました。するととつぜん、きつねの店員があらわれて、手まねきをするのです…。少年のイマジネーションを、ファンタスティックに描きます。

ベストレビュー

スーパーマーケットに、きつねが

みちこは、スーパーマーケットのベンチでおかあさんを待っていました。きつねが似もちを押して行くのが見えたのでついて行きます。

見たことがない売り場では、ふろおけコーナーがありました。きつねの説明によると、だるまと札がついているおけに入るとお風呂に入っている間中はだるまになれるというのです。

最近、小沢正の作品を読んでいますが、パンを食べるとうさぎになれたり、今回はお風呂に入るとだるまになれたりするというのが、おもしろいなと思いました。

不思議な商品はそれだけでなく、えんとつも売っています。うさぎの家にえんとつをつけると、うさぎの形の煙が出てくるというのです。住んだ人の人型が煙になって出てくるものらしいのです。

実演販売さながらに、流暢な説明をするきつね。子どもらしく疑問なことをどんどん質問するみちことのやりとりがとてもおもしろかったです。

小沢正は、昔話だけでなくファンタジーも書いているのですね。次々と紹介されてる商品を子どもと一緒に読みながら時に顔を見合わせて笑ってしまいました。スーパーマーケットに、きつねが店員のショップがあったら、おもしろいでしようね。子どもだったら、スーパーで売り場を探してしまいそうです。

総ページ71の小学校低学年向けの児童書です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ


小沢正さんのその他の作品

まほうのかさ / こぶたのぶうくんと しりとり / こぶたのぶうくん / アラジンとふしぎなランプ / リンカーン / へんてこパン



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

きつねのスーパーマーケット

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット