話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
世界の名作(6) オズの魔法使い

世界の名作(6) オズの魔法使い

  • 絵本
原作: バウム
文: 岸田 衿子
絵: 堀内 誠一
出版社: 世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2001年05月20日
ISBN: 9784418018086

A4変形判 26.1×21.0cm
84ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

少女ドロシーは小犬のトトと家ごと遠い遠いオズの国に吹き飛ばされます。ブリキのきこりや弱虫のライオンとであって、いよいよオズ大王に会うことに。魔法使いや怪獣が次から次ぎへと登場する名作物語の絵本版。思いやり、やさしさと感動する心が育つ名作絵本。

世界の名作(6) オズの魔法使い

ベストレビュー

「最初のオズの魔法使い本」としてはいいかも!

「オズの魔法使い」はとても有名で人気のあるお話,我が子には絶対に読んでほしい名作の1つです。
でも我が家の娘はまだ5歳幼稚園児。
自分で児童書を読める小学校中高学年になってから読むのがベストなのかなという思いが正直ありました。
でもその頃には自身の趣向も出てきて,手に取ってくれるだろうかという勝手な心配も(笑)。
そんな時,こちらの絵本に出会いました。
絵本というより幼年童話に近いカタチでしょうか!?
これなら幼稚園児の我が子にも読み聞かせできそうです。
幼い子供に読む最初の「オズの魔法使い」として,購入検討中です。
イラストが堀内誠一さんというのも,「ぐるんぱのようちえん」「たろうのひっこし」「ちのはなし」「ほね」「ABCのほん」を持っている我が家にはとても身近に感じられそうです。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 世界の名作(6) オズの魔法使い

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

世界の名作(6) オズの魔法使い

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット