もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
いちばんつよいのだぁ〜れ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちばんつよいのだぁ〜れ

作: まゆみ
絵: まゆみ・かずや・きょうこ・けいこ
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちばんつよいのだぁ〜れ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

おにいちゃんはぼくよりも少し大きくて、少しだけ強い。おとうさんはおにいちゃんよりも大きくて、強い。じゃあ、お父さんよりつよいのだぁ〜れ? 父や兄の身近な存在から、愉快な動物たちまで、発想がどんどん広がっていくシンプルだが楽しい構成の絵本。ページをめくるたびにどんどん大きく強いものが現われる絵も、迫力があって子供たちの心を捉える。父親が頼もしい存在として登場するので、是非パパに読み聞かせしてもらいたい一冊。

ベストレビュー

こどものテーマかも

おにいちゃんはぼくよりも少し大きくて少し強い
お父さんはお兄ちゃんよりもずっと大きくてずっと強い
じゃあ、お父さんより大きくて強いのは・・・?
それよりももっと大きくて強いものっているのかな〜

小さい子供にとっては永遠のテーマではないでしょうか?
お父さんが一番強いと思っている時期ありますよね
でも体だけならお父さんよりも大きい生き物がいるという事も
だんだんと分かってきます。

この本は作者とそのお子さん3人の合作ということです。
世界でいちば〜ん大きいものってなんだろう?とあれこれ話しながら出来上がった本だと伝わってきます。
子供の「おおきい」というものへの憧れのようなものは昔も今も変わらないのでは・・・
就学前の子供たちに向けだと思います。一緒に色々考える作業ができて楽しいのではないでしょうか?
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子13歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

いちばんつよいのだぁ〜れ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット