くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
まちのおふろやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まちのおふろやさん

  • 絵本
作・絵: とよた かずひこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784893252418

21×22cm 24頁

出版社からの紹介

とよたかずひこさんの『ぽかぽかおふろ』シリーズ第3弾

町の原っぱにやってきた“おふろやさん”。
昼はカエルたちが入りにきました。夜は、イヌやネコがやってきました。
だれもいなくなると、おふろやさんは「おいらもふろにはいらなくっちゃ。」と銭湯へ。

ユーモアがいっぱい!親子で楽しめるほのぼのストーリーです。

まちのおふろやさん

ベストレビュー

娘は「まち」派、私は「もり」派

おふろやさんシリーズ5作のうち、一番最後に読み聞かせしました。
今回の動物達は喋らないなぁ・・・?と思いながら読み進めて、
『人間』が登場するのにビックリ&納得!
だから喋らなかったのでしょうね。
子ども達がお風呂に入る姿が可愛らしいです。特にお尻^^
上の娘は絵本を隅々まで眺め、
中でも髭剃りをしているおじさんが一番気になるようです(笑)。

私は「もりのおふろやさん」がシリーズ中で一番好きですが、
娘はこちらが一番気に入ったようです^^
(ももうさ♪さん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とよた かずひこさんのその他の作品

おんなじおんなじ ももんちゃん / ゆびさしな〜に? / かさちゃんです。 / だれかな?だれかな? / なにたべているのかな? / ばななくんがね・・



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

まちのおふろやさん

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 28人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット