もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
おばあのものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあのものがたり

作・絵: つかさ おさむ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「おばあのものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 初版:2008年06月
ISBN: 9784033315300

5・6歳から

出版社からの紹介

おばあのごちそうは、なぜこれほどまでにおいしいのか。それにはわけがありました。古事記・日本書紀にも記された穀物の起源の物語。

ベストレビュー

五穀の起源

古事記や日本書紀のエピソードに想を得た作品。
日本の五穀(米、麦、粟、稗、小豆)の起源を描いています。
イネという9歳の視点で描かれます。
イネはおばあと暮らしていますが、ある日、家にお侍がやってきて、
食べ物の催促をするのです。
調理中のところを見ない約束でおばあはご馳走を作り始めますが、
目やに、耳くそ、鼻くそ、おならなどを混ぜていたのです。
お侍はこっそりそれを見て激怒し、おばあを殺してしまいます。
そのおばあの遺体から、五穀が芽吹く、という訳です。
人間が捨てる汚いものが、作物(=食料)を育てる、という事実が切々と伝わってきます。
あとがきにそのあたりが丁寧に書かれてありますから、
そこもしっかり読んでほしいです。
伝承神話からの再話、ということで、
シンプルな淡い単色で描かれ、タイムワープしたかのような印象です。
唯一夜光貝だけが独特の色調となっており、まさしく光を感じました。
大胆な物語に、伝承の威力を感じました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つかさ おさむさんのその他の作品

100万羽のハト / はずかしがりやのぞう / へいしのなみだ / ほしのひかったそのばんに



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

おばあのものがたり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット