庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ミラクル・ボーイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミラクル・ボーイ

  • 児童書
作: ウルフ・スタルク
絵: マルクス・マヤルオマ
訳: 菱木 晃子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784593504992

出版社からの紹介

ぼくは、ミラクル・ボーイになりたい。
時速1万キロで空を飛びたい。
おにいちゃんよりも強くなりたい。
迷子にならずにどこまでも自転車で走っていきたい……。

小さい子どもだから、いつも迷子になるから、と言われて
自転車レースにも連れていってもらえないウルフ。
なんでもできる、ミラクル・ボーイになりたいと思って……。
子どもの好奇心や想像力がユーモアたっぷりに描かれています。

ベストレビュー

6歳のミラクルボーイ  金メダルは?

6歳の男の子ですが お兄ちゃんのまねがしたくて なんでも 自分でできると 信じているんです
パパとママに約束して 「じゃあ好きなようにしなさい」といわせて  自転車に乗って 家から出て行くのです

夢は大きく 時速1万キロで空を飛び 悪者を捕まえ お兄ちゃんを自由に操り 人の虫歯を治し 自転車レースで必ず優勝するヒーローに。
こんなとんでもない 夢が   自分を ミラクル・ボーイとおもいこんで
でもやっぱり 重いと 行動は大違い  迷子になってしまうのです
なにしろ 6さい 足が痛くなって泣いていました パパやママのことを思いだして    
そんな時 犬を連れた知らないおばさんが 助けてくれるのです
だんなさんの おじさんは 自転車にシールがはってあって ちゃんと電話してくれたんです
おじさんは、迷子にならないようにと コンパスをくれたのです(方位磁石)
パパはすぐに迎えに来てくれて・・・・ キス こんな時子どもに怒りそうですが なんて寛大な子育てなんでしょう 
パパは歯医者さん  帰りも自転車です ぼくがパパより早く到着  
金メダルは もちろん コンパス!

   なんだか このミラクル・ボーイ
また何かやらかしそうですね!  笑えるお話しです
絵も ステキです   楽しい!
子ども達が読んでもおもしろいよ!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ぼくはジャガーだ / 聖ヨーランの伝説

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ミラクル・ボーイ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット