ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
汽笛
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

汽笛

  • 児童書
作: 長崎 源之助
絵: 石倉 欣二
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784591103708

小学校高学年〜
20cm x 15.5cm
48ページ

出版社からの紹介

終戦をむかえ、長崎へ引揚げてきた兵隊と原爆孤児の交流を描いた感動の絵物語。平和への祈りをこめた汽笛の音が胸にせまる。

ベストレビュー

終戦直後の断片

終戦後、中国の中を400キロも歩き続け、やっとのことで日本に戻ってきた兵隊さん。
体を治すために入院した病院には、長崎原爆を被災した子供たちがいました。
兵隊さんの戦争の思い、戦友への哀悼の気持ちと、自己からみる子どもたちの悲惨さの描写に心打たれます。
元気に見える子どもたちですが、自分の運命を知っているのでしょうか。
風呂場で倒れた兵隊さんをみんなで病室に運んでくれたり、一緒に遊んだりして心通い合ったと思ったのに、退院の日には顔も見せなかった。
後になって振り返り、子どもたちの気持ちを思いやる兵隊さんの心はとても重く響きます。

父親の運転するSLを一緒に見に行ったこと。
待ちわびた機関車が通り過ぎるときに鳴らした汽笛を、生きることへの励ましだと信じようとしている子ども。
説教口調ではない情景がとても悲しい。

絵本の中の断片の一つ一つが戦争に対する憤りで尖っています。
繰返し読むことに心に突き刺さってきます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ / 五十年めの手紙

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

汽笛

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット