十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
紙芝居 仙人のおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 仙人のおくりもの

脚本・絵: 渡辺 享子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「紙芝居 仙人のおくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784494090457

4.5歳から
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

昔、ヒヨドンというみなしごの少年がいました。山で斧をなくし、
おばさんに叱られるのがこわくて家に帰れなくなってしまいました。

ベストレビュー

童心社

4歳の娘が図書館で「読んで」と持ってきました。
韓国のお話のようです。
親もなく、おばさんに厳しくされている少年のお話。
ちょっとうらしまたろうっぽいと思いました。うらしまたろうと違って救いがあるお話ですが。
4日ほど遊んでいる間にもとの世界では20年の時が流れ、少年が家に帰ると厳しいおばさんは亡くなっています。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 享子さんのその他の作品

紙芝居 父のかお母のかお  / 紙芝居 カエルのおまつり / 紙芝居 トラのおんがえし / 紙芝居 なぜ、お月さまにおそなえをするの? / 紙芝居 にわとりとっと / 紙芝居 おっぴちゃんはまほうつかい 福祉かみしばい



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

紙芝居 仙人のおくりもの

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット