もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
兵士ピースフル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

兵士ピースフル

  • 絵本
作: マイケル・モーパーゴ
訳: 佐藤 見果夢
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784566024045

高等学校
四六判/230ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

明日の朝6時、運命の「時」はやってくる。それまでに何もかもを思い出しておきたい。どんな些細なことも…。ほんのはずみで、戦場に行くことに決めたんだ。兄のチャーリと一緒に。だって、ぼくらは、いつも、何でも、分かちあってきたんだから。

ベストレビュー

モーパーゴの怒り

章ごとに記載されている時刻が何を意味するのか分かった時、モーパーゴの痛烈な怒りを感じました。
必ずしも幸せとは言えないピースフル兄弟の思い出の中で、弟のトーマスは自分の不注意で父親を死なせてしまった贖罪から始まっていました。
兄のチャーリーと、幼なじみのモリーとの三角関係、自分たちの生活を振り回す大佐のいわれなき虐待、…、さまざまなエピソードに繰り広げられる物語とこの物語のタイトルの距離感を埋めたのは、章ごとに刻まれた時間。
兄のチャーリーが、臆病行為という一方的な決めつけで仲間たちに銃殺されるという悲劇。
その処刑執行までの時間に、思い出せるだけのことを思い出したトーマスの追想だったのです。
なんとも重苦しい題材と、青春のきらめき、読み終えて感動と興奮と不条理への怒りが続いています。
(ヒラP21さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・モーパーゴさんのその他の作品

ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / 走れ、風のように / 月にハミング / だれにも話さなかった祖父のこと / ロバのジョジョとおひめさま / 希望の海へ

佐藤 見果夢さんのその他の作品

生きものビックリ食事のじかん / 戦火の馬 / 負けるな、ロビー! / 続これがほんとの大きさ!古代の生きものたち / これがほんとの大きさ! / 天使のつばさに乗って



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

兵士ピースフル

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット