貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ハリー・ポッター(3) ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハリー・ポッター(3) ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

  • 児童書
作: J.K.ローリング
訳: 松岡佑子
出版社: 静山社 静山社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ハリー・ポッター(3) ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年07月
ISBN: 9784915512407

A5判/576頁

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 松岡佑子さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

ハリーはもう13歳。夏休みは、あいかわらず意地悪なダーズリー一家にいじめられる毎日だ。そんな時、アズカバンという恐ろしい監獄から、凶悪犯が脱獄したというニュースを聞く。 アズカバンとは、あの大男のハグリッドでさえ聞いた途端に震えあがった、脱獄不可能といわれる監獄。この凶悪犯がなんとハリーの命をねらっているという。脱獄犯を追うアズカバンの怪物ディメンター。ハリーにつきまとう死神犬(グリム)の影。 おどろおどろしい展開の中で明るい話題はクィディッチだ。新しい箒を手に入れたハリーが大活躍。キャプテン、オリバー・ウッドの悲願、グリフィンドールの優勝は成るか? J.K.ローリングの想像の世界はとどまるところを知らず、新任の先生ルーピン、占い学の先生トレローニーのキャラクターも見事ならば、不思議な魔法動物 ヒッポグリフ、魔法使いの隠れ里ホグズミードと、ホグワーツの世界はその広がりと奥行きを増しながら、第4巻「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」にむけて盛り上げてゆく。

ベストレビュー

父親の友情

個人的には、ハリー・ポッターシリーズで一番好きな作品です。
映画より、断然原作が面白いです。
第2巻から、原作が長すぎて映画向きではないと思っていましたが、特にこの第3巻の映画では原作のよいシーンが削られており・・・アニメやドラマの方がより細かく長く丁寧に映像化できると思っていました。
内容は父親の友情が描かれており、その友情に感動します。
とにかくお勧めです。
(きみーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


J.K.ローリングさんのその他の作品

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部舞台脚本 愛蔵版 / カラーイラスト版 幻の動物とその生息地 / 幻の動物とその生息地 新装版 / クィディッチ今昔 新装版 / 吟遊詩人ビードルの物語 新装版 / ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 映画オリジナル脚本版

松岡 佑子さんのその他の作品

ニュート・スキャマンダーシネマ・ピクチャーガイド / ホグワーツ魔法魔術学校シネマ・ピクチャーガイド / アルバス・ダンブルドアシネマ・ピクチャーガイド / 幻の動物シネマ・ピクチャーガイド / ホグワーツ魔法魔術学校シネマ・イヤーブック / J.K.ローリングの魔法界ムービー・マジック 第2巻 幻の動物とその生息地



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

ハリー・ポッター(3) ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット