貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス

  • 児童書
作: J.K.ローリング
訳: 松岡佑子
出版社: 静山社 静山社の特集ページがあります!

本体価格: ¥3,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784915512575

A5判/上・下2巻セット
上巻496頁、下巻512頁

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 松岡佑子さんにインタビューしました!

みどころ

ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来るという。いったい何のために? ホグワーツ校では、思いもかけない人物が「闇の魔術に対する防衛術」の新しい先生となり、授業を受け持つことになった。ハリーはというと、突然「魔法薬」 の才能を発揮する。授業はますます難しくなるが、ホグワーツの6年生は青春真っ只中。 ハリーには新しい恋人が現われ、ロンとハーマイオニーは仲たがいする。しかし、ドラコ・マルフォイだけは不可解な行動をとる。最後に起こる衝撃のどんでん返し。そして悲しい別れ。17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリー、物語は第7巻の最終章へともつれこむ。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


J.K.ローリングさんのその他の作品

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部舞台脚本 愛蔵版 / カラーイラスト版 幻の動物とその生息地 / 幻の動物とその生息地 新装版 / クィディッチ今昔 新装版 / 吟遊詩人ビードルの物語 新装版 / ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 映画オリジナル脚本版

松岡 佑子さんのその他の作品

ニュート・スキャマンダーシネマ・ピクチャーガイド / ホグワーツ魔法魔術学校シネマ・ピクチャーガイド / アルバス・ダンブルドアシネマ・ピクチャーガイド / 幻の動物シネマ・ピクチャーガイド / ホグワーツ魔法魔術学校シネマ・イヤーブック / J.K.ローリングの魔法界ムービー・マジック 第2巻 幻の動物とその生息地



イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

ハリー・ポッター(6) ハリー・ポッターと謎のプリンス

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット