もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
メキメキえんぴつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

メキメキえんぴつ

作・絵: 大海赫
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「メキメキえんぴつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「めきめき成績がよくなる」と担任の先生から売りつけられた、とっても長〜い「メキメキえんぴつ」。しかし、メキメキえんぴつは注文の多いえんぴつで、「あれしろ。これしろ」といっぱい命令をする。とうとう主人公とけんかになってしまった。そして、いい子になることを条件にけんかはおさまり、よい子になった主人公の成績はめきめき上がったが……ちっともうれしくなかった。表題作含め5作の短編集。

ベストレビュー

風刺

ただ怖くて・・・でも、夢中で読んだ。
子供の頃の記憶が残っている児童書は、この『メキメキえんぴつ』ただ1つでした。
復刊されていることを知り、内容までは覚えていなかったので借りて読んでみました。

5話も詰まった、読み応えたっぷりな1冊。
表紙をめくると、「私は、こわーい本です」から始まっています。
強烈に印象に残る挿絵が、お話の怖さをより引き立てています。

『あなたのえらさはなんポッチ?』が人気のようですが、
私は『大きくなったらなにになる?』が1番好きです。お菓子の名前が面白い。
このお話は、植物や木を平気で折ったりしている子にこそ読んでほしいですね。
『トーセンボー』も好きです。

3年生の息子は、最後まで一気に読みました。
学校の読書ノートには、丸か二重丸の評価を付けます。息子は、二重丸を付けていました。
短編集なので年長からでも読めそうですが、
強烈なこの挿絵はインパクトが大きいので・・・怖がるお子さんもいるかもしれません。
うちの年長児にも読み聞かせましたが、1人で読もうとはしませんでした。

読んだら、一生忘れることのできない本ですよ。おススメです。
(キャッティーさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

大海赫さんのその他の作品

ばけねこのおよめさん / 大きくなったらなにになる? / 歌えば魔女に食べられる / クロイヌ家具店 / せかいのブタばんざい! / チミモーリョーの町



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

メキメキえんぴつ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット