十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
マウンテンタウン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウンテンタウン

作: ボニー・ガイサート
絵: アーサー・ガイサート
訳: 久美 沙織
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ゆっくりと時間をかけて絵を楽しむ
鉱山の町の一年の全景を描いた絵本。

この絵本を借りてきたら、先に娘が読んでいました。
その後、寝る前に読んだのですが、私は真面目に読んでしまって、途中娘が
「あ、このトラック」と言ったところで、ハッと気付きました。
これはただ、文章を読んで絵を見るだけの絵本ではないんですね。
そうやって読んだのでは、面白味に欠けます。

時々ズームインしたり、角度が変わったり、地中に金を掘っていた名残を見たり。
町の営みや住んでいる人たちの生活の様子を、ページを戻ったり進めたりしながら
ゆっくり楽しむ絵本なんですね。
(ねがいさん 30代・大阪府大阪市  女7歳、男2歳)

出版社からの紹介

19世紀の後半、アメリカにゴールドラッシュの時代が訪れました。
人々が山岳地帯に押し寄せ、そこにはいくつもの町ができたのです。
その後、多くの町が姿を消すなかで、残った町もあります。
この作品は、そんな小さな町の一年を丁寧に描いています。
坑道の断面図など、アーサー・ガイサートのユニークなイラストが楽しい絵本。

ベストレビュー

前作ほど楽しめず

シリーズ3作目を借りてきました。
慣れてしまったせいなのか、前作ほどは楽しめず・・・。
息子からのリピートもあまりありませんでした。

今回は地下の場面がでてきたり、青い車がほとんどのページに登場するなど目新しい部分もあるのですが。

自分なりに理由を考えてみたのですが、独立記念日や伝統の日の穴あけコンテストなど、あまりなじみがないからかなぁと思いました。
4作目も借りてみようと思っています。
(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ボニー・ガイサートさんのその他の作品

デザートタウン / リバータウン / プレーリータウン

アーサー・ガイサートさんのその他の作品

あかりをけして / ミステリー おいしい博物館盗難事件 / 銅版画家の仕事場 / ナーサリークライムズ / コブタをかぞえて IからMM / ふわふわブイブイ気球旅行

久美 沙織さんのその他の作品

角川つばさ文庫 眠り姫と13番めの魔女 / 角川つばさ文庫 白雪姫と黒の女王 / 白の姫黒の姫



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

マウンテンタウン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット