しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
あいたかったよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あいたかったよ

  • 絵本
作・絵: エルズビエタ
訳: こやま峰子
出版社: 朔北社

本体価格: ¥1,300 +税

「あいたかったよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぼくが、いばらのかきねをとりのぞいてほしいっておねがいしてくるよ。せんそうにとおくにいってほしいってたのんでくるから!」
小さなフロンフロンの思いに、争うことや戦争のおろかさ、平和への願いを強く感じる絵本です。この絵本は、世界12ヵ国で出版され多くの子どもたちに読まれています。

ベストレビュー

戦争の悲しさを子供の目を通して伝える絵本

 フロンフロンは、小川の向こうに暮らすミュゼットととても仲良し。毎日いっしょに遊んでいましたが、ある日、戦争が始まって二人の家の間にはいばらのかきねが張られます。フロンフロンとミュゼットの住む国は敵同士となり、もう一緒に遊ぶことは許されなくなりました。「せんそうって、いったい どこにいるの?」「せんそうに とおくへいってほしい、って言ってくるよ」ミュゼットに会うことができなくなったフロンフロンは、お母さんに話します。
 最後にフロンフロンはミュゼットに会えますが、その雪の中の再会シーン(表紙)には思わず涙しました。ともすると重いテーマで、避けたくなるような話題ですが、現実に世界ではこういうことが常に起きていることを考えると、子供たちにも知って欲しいと思わずにはいられません。和紙のような素材の紙を使用して描いたイラストが、戦争の悲しさをさらに深く訴えます。主人公たちがウサギという擬人化も成功しています。米国の絵本にはない、ヨーロッパ的な哀愁をおびたフランスの絵本です。
 作者はポーランド生まれ、当時ドイツ領だったアルザスで育ち、(…アルザスといえば、あの「最後の授業」に登場した土地…)後にイギリス、フランスに移り住みました。絵本という媒体を通し、直接的でなく、じんと染み入る形で子供たちに戦争を伝えることができるなんて、きっと作者自身さまざまな体験をしてきているからでしょう。この作品は世界12カ国語で出版されているそうです。
 
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

エルズビエタさんのその他の作品

ちいさなふたり / のねずみラリレット / ディクーのたんじょうび / ディクーのふさぎむしたいじ

こやま峰子さんのその他の作品

いのりの石 / ありがとうのかぜ / たからものがいっぱい! / ねえ ママ / 10代をよりよく生きる読書案内 詩歌編 / 10代をよりよく生きる読書案内 海外編



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

あいたかったよ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット