あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
夜へ行こう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夜へ行こう

作: 中野純
写真: 中里 和人
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥667 +税

「夜へ行こう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月

小学3年生から
たくさんのふしぎ 2008年5月号

出版社からの紹介

夜。一日に一度、かならず体験しているけれど、ほとんどの人は寝ていて知らない時間。それは昼間とはまったくちがう世界です。夜の町、海辺、林の中、空……。見なれたまわりの風景も、まったくちがって見えます。その暗さの中に身を置くと、はじめはこわいけれど、なれてくるとだんだんに自分の五感が研ぎすまされてきます。さあ、夜に行こう!

ベストレビュー

幻想的でした。

表紙のヒマワリの写真に惹かれて、図書館で借りてきました。
同じ町でも、昼と夜では全く違う顔に見えてくるし、夜にしか見えない姿もあります。
写真絵本です。中でも一番ドキッとした写真は、夜の滝。本当に竜が上っているみたいに見えました。
昔の人は夜も日が落ちると周りは真っ暗だったから、こういう風景を見て、龍や、妖怪や、不思議な生き物を作り出していたのでしょうか?
幻想的で素敵な絵本でした。子どもだけが読むのはもったいないです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子8歳)

出版社おすすめ


中里 和人さんのその他の作品

こやたちのひとりごと



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

夜へ行こう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット