あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かっぱのめだま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かっぱのめだま

作: さねとうあきら
絵: 井上 洋介
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かっぱのめだま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

かっぱは悪いやつではない。人間がきて友だちになるのを待っている。人間になりたかったかっぱが、だまされて死んだ哀しい昔話。

ベストレビュー

友だちが欲しかったかっぱ…、切なすぎる。

さねとうあきらさんと井上洋介さんの絵本はいくつか読みましたが、これはちょっと切なくなるお話しでした。

そもそもこの絵本の主人公の「かっぱ」は、一人ぼっちで川に住んでいて、人間の友だちが欲しかっただけでした。
だけど、誰か人が来たとき、自分(かっぱ)を見て驚くといけないと思って、水の上に目玉だけ出してじっーっと待っていたんですって。って、
そのくだりだけ読んでも、“友だちになってあげたい!”と思うのに、
意地汚い商人に化かされて、干乾しになって、からっからに渇いて死んでしまったという伝説のようなラストでした。
もしかしたら、どこかに原話があったものに創作を加えたのかもしれません。

読んでいて、井上洋介さんの描かれる河童が、どんどん岩と同化していくところがほんとに切なかったです。
心にジーンとしみいるお話しですが、こういうストーリーはあまり読み聞かせに使いたくないですね。
ブックトークなどで紹介して、個人個人がじっくり読んでくれたらうれしいです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さねとうあきらさんのその他の作品

東京石器人戦争 / ねえ / ゆきこんこん物語 / 四谷怪談 / 信太の狐 / たこやはちべえりゅうぐうたび

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

かっぱのめだま

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット