もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
いつもたのしい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつもたのしい

作・絵: ワイルズ一美
出版社: アスラン書房

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いつもたのしい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

はじめの家族は、両親と弟、犬、ネコ、ニワトリ。家は、山の中にあって、すぐそばには、蛍がすむ川もあるし、少し歩けば日本海にも出られるという、抜群の環境にある。「子供の仕事は遊ぶこと」をモットーに、いつでも、どこでも、どんなことでも遊んでしまう。学校だって、当然、遊びの場にしてしまう。大人たちは、だいじょうぶって、心配してくれるけど、はじめなりに考えて行動しているから、まかせておいてほしい。とにかく、春も、夏も、秋も、冬も、一年中いつもいつも、遊んでいたいと思っている。

ベストレビュー

本当に楽しそう

絵本の表紙から、なんだかとても楽しい気分になれそうな絵本だな、と思い、小3の息子に借りてきました。
舞台は島根県で、子供たちが豊かな自然を思う存分楽しんでいる姿がたくさん書かれています。
私の幼少時代も、この絵本の地域ほど自然に恵まれてはいませんでしたが、近いものがありました。
私の子供にも、今しかできない、自然と遊び、学び、癒される経験をたくさんして欲しいな、といつも思っています。
読み聞かせをして、子供たちには今いる場所と違うせいか、俺もやりたい!という率直な声は聞けなかったけれど、きっと心の中には何か残っているはずです。
(イザリウオさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

いつもたのしい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット