ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くすのきだんちへおひっこし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くすのきだんちへおひっこし

  • 絵本
作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784564018244

26×22

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

春の風に浮かれて野原にやってきたかえる。きらきらと窓が光るくすのきだんちを見つけて、たずねてみますが…。
思いやりが心にしみるお話です。

ベストレビュー

長屋のようなフレンドリーな空間

 「くすのきだんち」の作品が、魅力的な理由を久々に読んで考えてみました。
 登場するキャラクターたちが可愛い。
 色彩が綺麗。
 お話が、優しさに溢れる内容。

 そして何よりも団地の住人のコミュニケーションのあり方が、あったかいんだと思います。
 昨今は、アパート・マンション・集合住宅とどれをとっても隣の住人の表札は見えてもお顔を知らないという乾いた人間関係です。

 半世紀以上前の長屋のようなフレンドリーな空間が、このくすのきだんちにはありますね。

 今回は入居を躊躇っていたかえるさんが、住人たちの親切に触れ入居を決めるというお話です。
 
 ラストの歓迎パーティのページには、うらやましくてため息が出ました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり / おはなし ねんねんねん / おそろい おそろい / とんぱらどんどん

末崎 茂樹さんのその他の作品

おーいおばけ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず / ぼくのマルコは大リーガー / わんぱくだんのひみつきち / やまねこせんせいのこんやは おつきみ



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

くすのきだんちへおひっこし

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 30人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット