まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
しゅっぱつしんこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅっぱつしんこう

  • 児童書
作: 渡辺 茂男
絵: 堀内 誠一
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しゅっぱつしんこう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784251006530

小学校低学年以上
A5判/93ページ

出版社からの紹介

 市電を「こどもとしょかん」に改造する、実話に基づく幼年童話『ふたごのでんしゃ』の続編。「こどもとしょかん」に続けと、子どもたちに本を届ける「としょかんバス」「としょかんでんしゃ」「としょかんれっしゃ」等々が次々にできました。さらには、富士山のふもとに、世界の子どもの本を集め、音楽堂や美術館もある巨大な「なつやすみのくに」が完成して…!?
渡辺茂男・堀内誠一が贈る、夢の未来を描いた傑作幼年童話の復刊!

ベストレビュー

『ふたごのでんしゃ』の続編

『ふたごのでんしゃ』の続編です。

『ふたごのでんしゃ』で市電のうしわかとべんけいは図書館になりました。

その後、べいけいとうしわかにならって、各地で次々と電車図書館、図書館バスなどの動きへと続いて行きます。

ここに出てくる大人たちは図書館や子どもたちにも理解があり、図書館活動はどんどんと推進していくのです。

あとがきを読むと、渡辺茂男さんの思いがとても伝わってきますし、「にほんは、いいくにです。むかしからこどもたちのことを、こだからといって、とてもだいしにするくになんですよ」という総理大臣の言葉があります。

このような総理大臣がいる国、そして図書館活動にも理解のある政治家がいる国、それは現在でもやはり夢の国でユートピアといえるのではないでしょうか。

効率や財政の問題で、委託管理に回され、マニュアル通りの動きしかない箱ものの図書館が増えた気がしています。

一方でコミニュケーションの大切さが問われていても、財政の逼迫を理由に、窓口対応はマニュアルどおりで、利用者と口を聞くことも許されない図書館もあるそうです。

政治も人なら、図書館も人だと思うのです。こんな図書館を作りたい、子どもたちに本を届けたいという意識のない図書館は図書館とは言えないと思うのです。

文化はお金がかかるし人が育つのにも長い年月がかかるものです。

子どもを大切にしない国に未来はない、この本を読んで今の日本のことを思うと、そんなことを思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

しゅっぱつしんこう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット