宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ねんね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねんね

  • 絵本
作・絵: さこ ももみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥740 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784061938465

1歳半ごろから
サイズ:B24取 ページ数:24
関連書籍
まんま

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おばけがくるから、ねんねはいやというまみちゃんの前に、ほんとにおばけの子がやってきた!でもだいじょうぶ。
おばけもママといっしょにねんねしたよ。安心しておやすみなさい。さこももみが描く、寝かしつけの絵本。
「おばけがこわくてねむれない。」というまみちゃん。だいじょうぶ、おばけもママといっしょにねんねしちゃったよ。
安心しておやすみ。かわいい寝かしつけの絵本です。

ベストレビュー

とん とん とん

 お話もイラストも優しく、1歳10ヶ月の娘のおやすみ前に読むにはぴったりの絵本です。
 なんだかんだと理由をつけて寝るのを引き延ばすまみちゃん。でも最後はお母さんに「とんとんとん」をしてもらいながら眠りにつきます。 「とんとんとん」って優しい音ですね。自分や子どもの小さかった時を思い出します。寝かせつけているはずの母の方が先にうとうと…私が体を揺するとまた「とんとんとん」としてくれました。
 今私が子どもを寝かせつけるときにも「とんとんとん」としています。最近では1歳10ヶ月の娘が眠たくなった時に、肩にのせるように抱くと私の背中をとんとんとんと叩いてくれます。
 「とんとんとん」親子で幸せになれる絵本です。
(バオバブさん 30代・ママ 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さこ ももみさんのその他の作品

うさぎでうれしい うさぎはうさぎ / こうさく絵本 さわこちゃんと10人のおひめさま / しあわせなら てを たたこう / キツネとぶどう / ないしょだよ! / すべってころんですりむいた



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

ねんね

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット