あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おおいそがし、こいそがし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおいそがし、こいそがし

  • 絵本
作: ユンクビョン
絵: イテス
訳: 黛まどか
出版社: 平凡社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

少年マルの住む山あいの村には、秋がひとあし早くやって来る。田んぼの稲がずっしり実る頃、干し柿づくり、栗拾い、キムチづくりと、一家総出の冬じたくを色鮮やかに描く。

ベストレビュー

くちばしを突っ込むにわとりに驚きました

 韓国の四季の絵本シリーズ・秋の作品です。
 背表紙のタイトルに?と思い手に取りました。

 表紙絵ののどかな農家の様子に、どことなく懐かしさを感じます。
 イ・テスさんは、子どもと自然をテーマにした細密画で支持を得ている方のようです。

 一足先に秋がやってくる山間の村に住んでいるマル。
 家じゅうみんな大忙し。
 冬前にやっておくことがたくさん。
 収穫と保存食作り。
 
 唐辛子干しに、くちばしを突っ込むにわとりに驚きました。

 とにかく家族力を合わせ良く働いています。
 みんな生き生きとした笑顔です。
 干し柿作りのページでのおばあちゃんの表情が特に良いですね。
 毎年毎年、秋にこの作業をしているんですね。
 
 おおいそがし、こいそがし
 という各ページ文末のこのフレーズがリズミカルで小気味よい。
 なんか、使って見たくなりました。

 「異文化交流」や「秋」をテーマとするお話し会に、読みたいなと思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

ユンクビョンさんのその他の作品

つまんなくってさ / スニちゃん、どこゆくの 韓国の四季の絵本・春 / さいごにのこるの、だあれだ



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

おおいそがし、こいそがし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット