虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おおいそがし、こいそがし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおいそがし、こいそがし

  • 絵本
作: ユンクビョン
絵: イテス
訳: 黛まどか
出版社: 平凡社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

少年マルの住む山あいの村には、秋がひとあし早くやって来る。田んぼの稲がずっしり実る頃、干し柿づくり、栗拾い、キムチづくりと、一家総出の冬じたくを色鮮やかに描く。

ベストレビュー

くちばしを突っ込むにわとりに驚きました

 韓国の四季の絵本シリーズ・秋の作品です。
 背表紙のタイトルに?と思い手に取りました。

 表紙絵ののどかな農家の様子に、どことなく懐かしさを感じます。
 イ・テスさんは、子どもと自然をテーマにした細密画で支持を得ている方のようです。

 一足先に秋がやってくる山間の村に住んでいるマル。
 家じゅうみんな大忙し。
 冬前にやっておくことがたくさん。
 収穫と保存食作り。
 
 唐辛子干しに、くちばしを突っ込むにわとりに驚きました。

 とにかく家族力を合わせ良く働いています。
 みんな生き生きとした笑顔です。
 干し柿作りのページでのおばあちゃんの表情が特に良いですね。
 毎年毎年、秋にこの作業をしているんですね。
 
 おおいそがし、こいそがし
 という各ページ文末のこのフレーズがリズミカルで小気味よい。
 なんか、使って見たくなりました。

 「異文化交流」や「秋」をテーマとするお話し会に、読みたいなと思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ユンクビョンさんのその他の作品

つまんなくってさ / スニちゃん、どこゆくの 韓国の四季の絵本・春 / さいごにのこるの、だあれだ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

おおいそがし、こいそがし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット