まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 おにぎり おにぎり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おにぎり おにぎり

作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 おにぎり おにぎり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年08月
ISBN: 9784494090464

2,3歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おばあちゃんがおにぎりをにぎっています。きゅっ、きゅっ、きゅっ! 
だれかさんがやってきた。あらら、へんてこなおにぎりが…。

ベストレビュー

おにぎりっておいしいね

幼稚園で演じました。
おばあちゃん、まなちゃん、おにいちゃんがリズミカルにおにぎりを作って、
裏山でおじいちゃんと一緒に食べる、というシンプルストーリー。
梅干、かつぶし(かつおぶし)、塩シャケ。
中の具もいろいろで、ワクワク。
大小さまざまなおにぎりも、ご愛嬌。
出来上がったおにぎりに、子どもたちも歓声をあげていました。
今、私自身が心がけているのが、米飯の食事。
アレルギーの除去食も研究した経験からも、
米飯はとても優れものだと痛感していますから、
このような作品は嬉しかったです。
中でも、おにぎりは米飯の素敵な作品!
作る楽しさも伝わっていたらいいな。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

紙芝居 おにぎり おにぎり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット