みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
まめうしくんとこんにちは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まめうしくんとこんにちは

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まめうしくんとこんにちは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784569687971

3〜4歳から
A4判変型上製

出版社からの紹介

大人気『まめうしくんとあいうえお』に続く、“おおきなこえで”シリーズ第2弾!

まめうしくんと一緒に声を出して、元気いっぱい遊びます。

「こんにちは」「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさまでした」「ごめんなさい」――同じ言葉でも表情や声のトーンを変えてみると、聞き手にはちがった印象で伝わります。どんなふうに聞こえるか、みんなでやってみましょう!

さいしょは、元気よく「こんにちは」。それでは、みんなも一緒に大きな声で、「こんにちは!」。今度はちょっと恥ずかしそうに「こんにちは……」、はい! 次は、すご〜くうれしそうに、手を振りながら「こ〜んにちは!」。今度は、すごく怒りながら! 鼻息もぶーぶー出して! さあ、おこって おこって! 「こんにちは!」。

読み手の方も子どもたちに負けず、大きな声を出していろいろな表情を思いっきり楽しんでください! 言葉の面白さが発見できる絵本です。

ベストレビュー

一緒に声を出して

「こんにちは」から「ありがとう」「ごめんなさい」などのあいさつをまめうしくんが色々な表情で言っていきます。
元気な声で、泣きながら、照れながら、怒りながら・・・いろんな場面によって声の大きさや表情なども色々と変えながら。
初めに「いっしょにこえをだして」とあるので、子どもと一緒にあいさつの声を出すと楽しいです。

何度か繰り返し読んでいると、ちゃんとその場面によって子どもも声を出してくれるようになりました。
まめうしくんの表情も豊かで笑えます。
最後の「さようなら」はかなり激しいです。
(だかりんさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん



4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

まめうしくんとこんにちは

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット