しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
涙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

作: 鈴木 光司
絵: ほりうちけいこ
出版社: 海拓舎

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「涙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

大人も一緒に感動

小学3年まではまだまだ甘えがぬけない年頃。
でも4年になったら、ナンダカぐんと大人に近づこうと背伸びをする。
そんな年の節目に、一緒に読んでみてはいかがでしょう。
見つけたのは図書館の大人の蔵書コーナー。
ページをめくった瞬間に「これはこどもと一緒に読みたい」と握り締めました。案の定、ピアノに行く途中、子どもにちらっと見せたところ、その本だけは(あまり本を自分から読まないタイプ)自分のかばんに入れて、帰宅後も何度も何度も繰り返し読んでいました。

新しい兄弟が生まれてくるひとつの家族の風景。
子どもの目線ではなく、飼われているかめの視点にたった「こころ」に響く本です。
イラストは、ほりうちけいこさん。
ソフトでポップでカラフルな色づかい。
子どもにも大人にも好まれるイラストからは、やらかい子ども達の笑い声やおかあさんおとうさんのささやき声が自然と聞こえてきそう。

タイトルがちょっと大人向けですが、子どもにも十分に読める、そして「生きる」ということを考えられる、ステキな本です。
この本をとおして、子どもとの会話がひとつ生まれました。
(ビンゴアズサさん 40代・ママ 男の子10歳)

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

ほりうちけいこさんのその他の作品

新装版ラブ・ア・ダブダブのフィギュア絵本 うさちゃんのいちにち / 新装版ラブ・ア・ダブダブのフィギュア絵本 いぬくんどこへいくのかな? / 新装版ラブ・ア・ダブダブのフィギュア絵本 はいったぴょん! / はいった ぴょん! / いぬくん どこへ いくのかな? / うさちゃんの いちにち



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット