まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
しーっしずかに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しーっしずかに

作: いちかわ けいこ
絵: つるた ようこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しーっしずかに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784333023332

21×21cm 28ページ

出版社からの紹介

ワンちゃん、しずかに していてね。ママが びょうきで ねているの。あっ、あめ!せんたくものが ぬれちゃう。どうしよう・・・・・・

病気のママを休ませようと、「今日は静かにする」と決心した女の子。音の出るおもちゃはがまんして、電話にもちゃんと応対しました。でも、突然の夕立とカミナリに、もう限界ー。「子どもは、お母さんを助けたいという気持ちを持っています。その思いを、たとえ失敗しても、方向違いであっても、しっかりと『ありがとう』という言葉で受け止めてあげたい」。作者のそんな願いから、この絵本が誕生しました。素朴なタッチの版画でつづる、心があたたまる絵本です。

ベストレビュー

おもいやり

絵がセピア色で、ノスタルジックな感じのする絵本です。
母親の具合が悪くて、静かに寝かせてあげようと奮闘する子供の姿がいじらしいです。
わが子にも、こんな風に、思いやりのある子に育って欲しいと思いました。
ただ、母と子とペットの犬が登場するだけで、他の家族(父親)がでてこないことが、ちょっと不満でした。
現代のワンオペ育児問題を考えると、この時の父親の対応も描いて欲しかったです。
(きみーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねえねえ
    ねえねえ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    世界は不思議なことがたくさん!ねえねえ、いっしょにでかけよう!遊び心いっぱい、父と子の冒険絵本。

いちかわ けいこさんのその他の作品

紙芝居 まってるのだあれ / 紙芝居 げんきなかぼちゃ / とらばあちゃんのうめしごと / おばけかな? / 紙芝居 みんな1ねんせい / 紙芝居 うんちうんちぽっとん

つるた ようこさんのその他の作品

やさいとさかなのかずくらべ / だいこんとにんじんとごぼう / おとうと / ねぇだっこ / まめとすみとわら



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

しーっしずかに

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット