宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
のっぽ・のっぽのきりんさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のっぽ・のっぽのきりんさん

作: 宮下正美
出版社: (不明)

ベストレビュー

きりんさんに乗りたい

ある日、森の動物村にのっぽのきりんさんがやってきてました。さるやりすやたぬきたちはみんな、きりんさんとおすもうやかくれんぼをして遊びたがりますが、きりんさんは、「足が折れては困りますので」、「首が長すぎて、すぐに見つかってしまいます」と、優しく、丁寧に答えます。そんな受け応えに、娘もにっこり。すぐに、優しいきりんさんが好きになりました。その夜、山火事があり、きりんさんは、みんなの命を救ってくれました。娘は、ますますきりんさんが大好きに!山火事の場面も、「バンビ」の絵本のような怖さや切迫感はなく、きりんさんの優しさが前面に出ているため、小さな子でも安心して読めます。娘は、「Jも、きりんさんに乗りたいなあ。お馬は乗ったことあるけど・・・。でも、きりんさんは背が高いから、どうやってみんな乗ったんだろう?きっと、お座布団を120センチ(!)積み上げたんだね。」と、自分でいろいろ想像しながら、きりんさんに乗ることを夢見ていました。そして、「どうやって、山火事が消えたんだろう?きっと、ぱんぷくんとのっぽくんが消してくれたんだね!」と、「しょうぼうじどうしゃじぷた」のお話とくっつけて読んでいたのが、かわいらしかったです。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子4歳)

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

のっぽ・のっぽのきりんさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット