なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ぼくにはしっぽがあったらしい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくにはしっぽがあったらしい

  • 児童書
作・絵: 中川 千尋
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年05月
ISBN: 9784652008744

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぷるぷるするしっぽ、もじゃもじゃの体毛、うろこやしょっかくなど、いまはないけれど、身体のふしぎな感覚を考えてみる絵本。

ベストレビュー

哲学…?

しっぽがあったらしい…
中途半端なケモノ…
うろこだってあったかもしれない…

これって、哲学…?って思いました。

娘は、ところどころで「そりゃそうだ」とか、「それはない」とか、呟いていました。

何かを想像したり、自分なりの答えを出したりするのって、楽しいです。

かもしれない…
たぶん…

簡単なようで、難しい。
小学生以上じゃないと、解りづらい内容かなって思います。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 千尋さんのその他の作品

こころの おと / 三つのまほうのおくりもの / チョコレート屋のねこ / かしこいモリー / ハロウィーンのまじょティリー / のんきなりゅう



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

ぼくにはしっぽがあったらしい

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット