もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ひつじのむくむく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひつじのむくむく

作: 村山 桂子
絵: 太田 大八
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「ひつじのむくむく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784834010602

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お百姓にもおかみさんにも牝ウシにも、誰にも遊んでもらえないヒツジのむくむくは、道で出会ったオオカミに遊んでと声をかけます。

ベストレビュー

無事でよかった

絵本には子育てのヒントがたくさんあります。
このお話もそのひとつではないでしょうか?

「あそんでよう」
「だめ、だめ、わたしはいそがしい」

私も言っていた・・・
申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
ちょっとだけ手を休めて、子どもと向き合えばよかったな。

しかたがないので・・・ひつじのむくむくは、とうとうオオカミと遊び出す。

それを見ていた家の人は、仕事をほっぽり出して、助けに行くのですが、助け出した後が好き。


もし「なんでついて行ったの。」とか「忙しいのだから、世話をやかせないで」なんて言われたら、むくむくの居場所はなくなる。


「ああ、よかった」とおおよろこびでうちへかえります。

子どもたちが好きなところはここじゃないかしら?

この場面にむくむくを責める言葉はひとつもない。
だからこそ、みんなの仕事が終わるまでむくむくは待つことが出来たのではないでしょうか?

でも本当は、仕事をほっぽり出して助け出す時間がとれるのなら、少しだけ手を休めて、むくむくと一緒に遊んでほしいな。

だって、いつでもオオカミから無事に助け出せるとは限らないものね。
(Dandelion629さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村山 桂子さんのその他の作品

きょうだいぎつねの コンとキン / はねーるのたんじょうび / たろうのばけつ / ひまわりえんのけんたくん / もりのはみがき−むしばの日− / こぶたのるーた

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ひつじのむくむく

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット